【たまには違うところへ 四万十川の沈下橋】

高知県は四万十川にやってきました。

現地に来て初めて知ったのですが四万十川では洪水の時に水に浸かる「沈下橋」がたくさんあるそうです。

写真の沈下橋は車一台分ぐらいしか幅が無く、子どもでもすぐに飛び降りられそうな高さです。

橋桁が低いということは、万一流されて再度架け替えすることになったとき、安い工事費で済むのだそうです。

柵が無いのは、増水したときに木の枝がひっかからないようにするため。

川と一緒に暮らしてきた人々の知恵のなした技ですね。