【蛇が結ぶ茨??~ジャケツイバラが満開~】

5月中旬の高尾周辺の山は、遠くからでも判るほど黄色い花があちこちで目立ちます。

特に京王線高尾山口駅のホームから東高尾山稜を見ると、山に黄色のストールをかけたように見えます。つる植物なので、他の木に巻き付いて大きくなります。

この黄色い花はマメ科の「ジャケツイバラ」。「蛇結茨」と書くそうです。なぜこんな名になったのか、以前から不思議に思っていましたが、手に取って見られる場所がありましたので、近寄って見てみました。

花は大きくて見ごたえがあります。つるを引き寄せて撮ろうとしたら激痛が!

よく見ると、枝に無数のとげがあります。思わず手を引っ込めました。

バラよりもとげが多いのではないでしょうか。

恐る恐るとげの少ないところを選んで引っ張ってみたら、花の落ちた痕と痕の間に、未だ固くなっていない青いとげが見えます。

花が終わると、すぐにとげを作り、他の木に這い上っていく。あの曲がったとげの多さを見たら、「蛇が結ぶ」茨というのも納得できるような気がしました。