くるくる花弁はマルハナバチの足場。

高尾山の北側、日影沢を観察会の下見で歩きました。

写真はこの時期、あちこちで見られるウリノキの花。

下向きの花ですが、開花すると花弁がくるくるとコテを当てたように

上に巻き上がります。

大きな葉に隠れて咲くので、あまり目立たないのですが、マルハナバチにとっては良い蜜源らしく、花から花へと飛び回っていました。

虫にとって下向きの花の蜜を吸うのは大変で、中には下向きだと止まれない種類もいるそうですが、マルハナバチは花弁に足をひっかけ、おしべの間に顔をつっこんでいました。

花弁がくるくる巻きなのは、マルハナバチにとって良い足場なのでしょうね。

また、ウリノキの方もマルハナバチに効率よく花粉を運んでもらうため、くるくる巻きに進化したとも言えそうです。