【地図読みの練習に良い時期】

「木の葉が落ちて地形が見やすくなる冬がいい」とよく言われますが、見たい地形を見下ろせる場所ならば、写真のような紅葉の残る初冬もよいですね。
写真はケーブルカー高尾山駅(標高472m)で、八王子市の法政大学のキャンパス方面を見おろせる場所です。
スギヒノキ林と紅葉した落葉樹林のコントラストがくっきりして、尾根と谷を見分けやすくなっています。
新緑の時期もいいですが、紅葉している林の方が見分けやすいです。

温かい服装、双眼鏡、複数の地形図とコンパスを持って、等高線と地形を比べる練習も楽しいですね。